金沢の保育対応(最新)と家庭保育について

子育て向上通信

新型コロナウイルスの感染症対策として、保育所等の対応に変更がありました。

より警戒が必要になったので、みんなで協力してこの難局を乗り切っていきましょう。

今は、お子さんの健康、保育士さんたちの健康が第一です。

 

22日の更新で変わった点

13日の時点では「登園自粛のお願い」だったのが、今回は「受け入れ対象家庭を限定し、その他の家庭は登園自粛の要請」となりました。

 

保育園から預かってもらえる受け入れ対象家庭

  • 医療従事者
  • 社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方
  • ひとり親などで仕事を休むのが困難な家庭

 

社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方とは具体的に、バス・タクシーの運転手さん、社会福祉施設の職員さん、食品販売に従事している方、などが該当するそうです。

 

現時点で、保育園に登園する子どもの数は通常時と比べ、半分から4分の1になっているとのこと。

家庭での保育は何かと大変なことが多いと思います。

普段なら気分転換に外に連れ出すこともできるけれど、それもできない今、家庭内でのストレスもたまりがちになることでしょう。

 

家が少しくらい散らかっても大丈夫です。

子どものゲームの時間が増えても大丈夫です。

やる気がなくなって家事に手を抜いても大丈夫です。

不安な気持ちもOKです。みんな一緒です。

 

今は生きているだけで十分すごいことなので、どうか気持ちを楽にして、自分を責めることなく、ゆったりとした気持ちで過ごしてください。