子育て真っ最中のお母さんたちへ年末のご挨拶

子育て向上通信

2019年も終わろうとしています。

子育て真っ最中のお母さんたち、1年間本当にお疲れ様でした。

子どもが乳幼児や小学生のころというのは、親は、特に母親は、自分のことを後回しにして、子ども最優先で動く毎日でしょう。

うまくいかないことたくさん起こりますよね。

 

夜泣きが続いて、慢性的な睡眠不足になったり。

バランスを考えて作った離乳食をひっくり返されたり。

自分があれこれ動いている横で夫がのんびりしてたり。

仕事で大事な用件がある日に子どもが熱を出したり。

自分はこんな感情的な人間だったのかと驚くほど怒鳴ってみたり、泣いてみたり。

うまくいってるように見える他をお母さんや子どもを見て辛くなったり。

 

これ全部過去の自分です。

自分って本当にダメ人間だなぁと思うことばかりでした。誰から直接「ダメ人間」と言われたわけじゃありません。自分の中で理想の女性や理想の母親を作り上げて、その理想を経由させて私が私を責め立てていました。

でも、今の自分なら、過去の自分に言ってあげられます。

「あなたは全然ダメじゃない」と。

「ダメ人間どころか、めちゃめちゃ頑張ってて、あなたはすごい」と。

 

この言葉を、今子育てをしているお母さんたちに伝えたいです。

「あなたは、めちゃめちゃ頑張ってて、本当にすごい」と。

 

 

子育て中のお母さんに言いたいことは3つ。

1.ひとりで抱えないこと

悩んでいることを口に出して伝えると、道を示してくれる人や助けてくれる人が必ずいます。悩んでいる最中にその悩みを言語化するのはとても難しいから、躊躇してしまう人もたくさんいるでしょう。でも、勝手に世の中に失望したり絶望したりしないで、声にしてください。自分の悩みを外に出すのは勇気のいること。そして、それができるのはあなたしかいません。

 

2.誰かと比較しないこと

SNSの中には、人生がうまくいっているように見える人たちがたくさんいます。いろんなケースを傍目から見てきたけれど、外から見えるもの=常にそれが本当の姿、であったことはまずありません。なので、それを自分と比較するまでもありません。

「自分自身が何を大切にしたいか」をよく考えて、そこだけにフォーカスしましょう。

 

3.しっかり寝ること

イライラやもやもやなどのネガティブな感情の諸悪の根源は睡眠不足だと思っています。寝る時間が確保できなくなると、まともな判断ができなくなるし、怒りっぽくなるし、凹みやすくなります。

お母さんたち、お正月はゆっくり寝てください。

パートナーの方は、子育てが忙しい時期の妻へのプレゼントには「心ゆくまでの睡眠」をぜひ。非常に喜ばれると思います。

 

どうぞよいお年を。